処女喪失の技術(女性向け)

処女であることを話すべきか?
結論を言えば、処女であることを男性が知っているほうが、なにかとうまくいきます。でも、必ずしも、あなたから処女であることを話す必要はありません。
処女であることを知っていれば、そして、自分がロストバージンの相手であることを覚れば、男性は、あなたのロストバージンのために最大限の努力をするでしょう。無理はしないと思いますし、それなりのセッティングも準備してくれると思います。処女として大事に扱われるということです。もし、処女であることを彼が知らないと、ベッドの上で非協力的であると誤解されるかもしれません。例えば、どうしてフェラチオを拒否するのとか、もったいぶりすぎだとか。
付き合いが長ければ、お互いの経験の有無はなんとなくわかることが多いと思いますし、何かの拍子にセックスの経験が話題となることがあるかもしれません。それとなく処女であることをほのめかすこともできるでしょう。経験が豊富であれば、雰囲気や誘い方、誘われ方で処女であると想像がつくことがありますし、ベッドに入れば、より確実に処女であることがわかります。彼が感づいて、「初めてなの」と聞くかもしれません。そのときは、単にうなずけばいいのです。彼が知らない状態でそのままいきそうなら、ベッドの脇に突っ立ているのがいいでしょう。彼は、あなたの服を脱がせてくれると思います。そのときに、「初めてなのでやさしくしてね」とか「私怖いの」などと言って、彼に身を任せればいいのです。
初体験同士の場合は?
お互いを信頼し、失敗してもくじけない姿勢が最も重要です。また、あなたと処女喪失したいんだという気持ちを常に伝えることが重要です。ここで述べる技術は、その次のことです。
未経験の男性は、膣口の位置を把握することが困難です。最も確実な方法は、女性が事前に鏡で自分の膣口を確認しておき、セックスの際に男性に教えてあげることです。なお、女性の外性器のイラストは、まじめな性教育サイトに掲載されています。
濡れ具合に関しても、女性が普段からオナニーで練習し、濡れている状態を自分で解るようにし、彼に挿入のタイミングを教えてあげると、失敗が少ないです。
シャワーを終えたら何を着るの?
どうしないといけないという決まりはありません。ホテルに備え付けのバスローブや浴衣を着るのが普通です。その下に下着を着ている方もいますが。胸からバスタオルを巻いてもいいです。男性としては、こちらのほうが脱がせやすいので都合がいいのですが。部屋が暗ければ、全裸でもかまいませんが、そのようにされる方は、ほとんどいません。やはり、恥ずかしいですよね。シャワーの前と同じ服を着るというのだけは、止めたほうがいいと思います。もちろん、前と同じ服でも、下着だけというのは、ありです。
彼が勃起しなかったら?
相手が処女だと知れば、「痛くないようにするにはどうしたらよいか」など、いろいろ考えてしまいますし、相手のことを考えれば考えるほど、プレッシャーもかかります。このような状況下では、勃起しにくくなります。勃起しなかったのは、あなたに対する思いが強すぎたのだと、思ってください。そして、その件は、そっとしておいてください。女性が考える以上に、男性が気にしているからです。ほとんどの勃起不全は、精神的なものです。お互いの気持ちが確認できれば、じきに治ります。なお、勃起が不十分な場合は、処女の膣にペニスを挿入しようとしても、入らず、いたずらに痛みを増すだけです。そのような場合は、あせらないでください。
初体験の場所はどこがいい?
一番いいのは、泊まりがけの旅行だと思います。ゆっくりできますし、彼も事前にいろいろと準備できます。泊まりに行くことは、セックスしますと言っているようなものです。彼は、「本当にセックスできるのか」などという余分な心配をしなくてすみ、あなたの処女喪失に専念できます。あなたも、自分の決心が揺るがないと思います。また、日常と違う異次元の世界にいるという感覚も重要です。最後に、泊まりがけであれば、初体験に失敗しても、次の日にまたトライできます。
上で述べた「非日常」や「異次元」とう感覚は、実は、とても重要なのです。だから、あなたの部屋より彼氏の部屋、彼氏の部屋よりホテルの方がいいのです。
自分で練習ができませんか?
処女の方でも、自分で膣に指を挿入して練習することができます。きれいに洗った指を膣に挿入します。挿入は膣の準備ができてからにしてください。オナニーができる方は、自分で刺激して濡らすことをお勧めします。ゼリーやオリーブルオイル等を使用すこともできます。また、生理であれば、その出血で代用することができます(生理中に練習することを特別お勧めしているわけではありません)。タンポンは、普段は痛くて入らないのに、生理の時には使用できるのと同じです。なお、爪が伸びている場合は切って、やすりをかけてください。
同じ理由で、生理の処理にタンポンを使用することは、有効です
指あるいはタンポンの挿入には、3つの効果があります。一つ目は、膣への挿入になれ、安心すること、つまり精神的な効果です。二つ目は、自分の膣の位置を知り、経験が少ない男性の場合でも、ペニスを膣に導いたり、男性が挿入しようとしている場所が違う場合に、教えてあげることができます。最後は、実際にどのようなメカニズムかわかりませんが、膣が狭いにもかかわらず、処女喪失の痛みが少ない方に、タンポンの使用者が多いという経験則があります。もしかしたら、精神的な効果かもしれませんが、膣が刺激に慣れるのだと思います。処女喪失の痛み軽減の観点からは、処女のときからタンポンを常用することをお勧めします。
自分で処女喪失できませんか?
追い詰められてしまうと、自分で処女喪失したいと考える女性もいます。処女喪失の本本来の意味は、男性と性交すこと(ペニスが膣に入ること)なので、その意味では、自分だけではできません。一方、自分で処女膜を破ることは理論的には可能ですが、怖くてできるものではありません。実際には非常に困難だと思ってください。私は、自分の意思で処女膜を破った事例を知りません。と思っていたら、ネット上では、自分で破瓜できたという報告がありました。
Hosted by vlexofree.com Home Page Original Article